池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方! (宝島NonfictionBooks) 単行本

Pocket

池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方! (宝島NonfictionBooks) 単行本 – 2012/7/21

西岡研介 (著) 乙骨正生 (著) 森功 (著)&1 その他

商品の説明

内容紹介

オウム真理教事件が起こり、宗教法人法の改正で国会が揺れた1990年代半ば――永田町であるテープの存在が囁かれた。山口組の直参、後藤組の後藤忠政組長(2008年引退)と、池田大作名誉会長の“腹心”として学会の裏仕事を担ってきた藤井富雄・都議会公明党顧問(当時は都議)の密会テープである。このテープが永田町に流出。藤井顧問は後藤組長に対し、当時、自民党の組織広報本部長として反学会キャンペーンの先頭に立っていた亀井静香議員の口封じなどを依頼したという。果たしてその真相は?本書では“盗聴実行犯”と初めて接触し、生々しい証言の獲得に成功。「パンドラの箱」からは、驚くべき事実が飛び出してきた!

池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史 跡目争いの行方! (宝島NonfictionBooks)

中古価格
¥258から
(2019/7/8 18:52時点)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です