国賊池田大作「創価学会」を斬る―ユダヤ悪魔教に日本を売る 単行本!

Pocket

国賊池田大作「創価学会」を斬る―ユダヤ悪魔教に日本を売る 単行本 1993/10

太田 龍 (著)

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

池田創価学会はユダヤ悪魔教から、日蓮法華経信仰を壊滅すべき任務を与えられている。彼らが本当に信じるのは「悪魔」であり、日本民族はこの「黒魔術の力」に気づかねばならない。池田創価学会の謎をときあかす。

何かと胡散臭さがつきまとう創価学会という存在。いくら耳障りの良い言葉を聞かされても、その胡散臭い印象は弱るばかりか、ますます猛毒が中心部分から噴出してくるかのような不快感をぬぐえない。一体その原因は?太田龍氏はその要点をズバリ指摘する。創価学会=パリサイユダヤ悪魔教、と。

パリサイユダヤ、つまりサタニズム悪魔教は16世紀、日本征服を試みる。悪魔教イエズス会はキリスト教の仮面を被って信者を増やし、火薬を売りつけて戦国時代を起こし、大名が火薬の支払に窮すると若い女性50万人を奴隷として求め、ヨーロッパやアフリカに売り飛ばす。戦に弱い織田信長をそそのかし、武田信玄、上杉謙信を相次いで毒殺。豊臣秀吉も毒殺。信長が言うことを聞かなくなると、本能寺の変で暗殺。幸い、時の為政者の賢明な判断で、悪魔教イエズス会は撃退された。

しかし、悪魔教はあきらめない。現代においては創価学会に取り憑いて蘇る。戸田二代会長を暗殺して創価学会を乗っ取り、日蓮正宗法主細井日達上人を暗殺して、日蓮正宗抹殺を図る。悪魔教創価学会の映画を作ろうとした伊丹十三監督も、自殺を装って暗殺。創価学会公明党の不正を追及していた東村山市議会議員朝木明代氏も同じく自殺を装ってビルの6階から突き落として暗殺。創価学会は現代日本における悪魔教の地位を不動のものとした。

聖教新聞に頻繁に登場する「人間主義」の言葉は何を意味するか?これについても太田龍氏はその本質を喝破する。人間主義(ヒューマニズム)=悪魔教。創価学会員は何のことかサッパリわからない。一般国民も分からない。しかし、本書にはちゃんと説明が出ている。

本書は創価学会の本質を炙り出した、全国民必読の書。特に創価学会員と、日蓮正宗法華講の関係者には是非共読んでもらいたい。

発売元:泰流社

発売日:1993年10月

国賊池田大作「創価学会」を斬る―ユダヤ悪魔教に日本を売る

中古価格
¥4,907から
(2019/9/26 17:14時点)

Pocket

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証 単行本

Pocket

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証 単行本(ソフトカバー)ー 2015/10/28

藤井聡 (著, 編集), 村上弘 (著, 編集), & 7 その他

商品の説明

内容紹介

地方都市は、東京一極集中に対抗する自治の術をいかに持てるのか?
「改革」を掲げる橋下市政、その改革至上主義による大都市大阪の変貌を丁寧に追い、顧みられなかった改革の中身、政策の実体と問題点を、教育・医療・福祉・財政・防災等、研究者たちが徹底分析。改革至上主義の限界と地方自治の展望を、総合的に検証した。
はじめに
序 大都市自治の「光」と「影」
第1部 大都市が陥る改革至上主義
第1章 「改革」全体主義の構造
第2章 大阪市住民投票という「テロル」を検証する
第3章 都市居住者と社会的統合 ─地域住民か匿名の大衆か
第4章 大都市自治における「言論弾圧」
第5章 「大阪都=大阪市廃止分割」構想の実体と論争
第6章 維新の党 ─右派ポピュリズムはリベラルを超えるか
第2部 橋下市政は大阪をどう変えたか
第7章 教育再建に向けて ─ 7年余の破壊から立ち上がる人々を支えたい
第8章 医療・福祉の全般的削減
第9章 公務員と労組への攻撃
第10章 財政 ─市政改革プランと財政効果の実際
第11章 産業政策における「改革」の実態
第12章 溶解する都市計画
第13章 防災─南海トラフ地震・津波への備えを急げ
第3部 大都市自治の未来
第14章 大都市自治の「改革」全体主義に対抗する三つの処方箋─自由、マネジメント、そしてプロジェクト
第15章 大阪市における都市内自治
第16章 脱東京の都市政策に向けて─大阪の魅力と展望
おわりに

出版社からのコメント

橋下市政による大阪の変貌、改革の実体を、教育・医療・福祉・財政と多角的に分析。
改革至上主義の限界と地方自治の展望を描く。
2015年11月22日投票の大阪知事選、大阪市長選に必読の一冊!

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証

発売元:学芸出版社

発売日:2015年10月28日

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証

新品価格
¥2,592から
(2019/9/12 18:40時点)

Pocket

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を 単行本

Pocket

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を 単行本 – 2018/11/6

藤井聡 (著)

商品の説明

内容紹介

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

2019年10月に予定されている、8%から10%への消費税増税。これが本当に実施されるならば、日本経済は壊滅的な大打撃を受けることになる。実質的に賃金が低下する「働き方改革」、2020年東京オリンピック特需の終焉、さらに立て続けに起きている大雨・台風・地震による被害と合わせてのトリプルパンチを受ける格好だ。10%への消費増税がなぜ日本経済に壊滅的な打撃を与えるか? その理路を明らかにするとともに、消費増税にかわる他の税制政策、さらには日本が目指すべき社会保障の設計図を提示。これが日本再生のシナリオだ。

【目次】
序 章 集団自殺の様相を呈している「消費増税」
第1章 「8%増税」のせいで庶民が貧困化している
第2章 消費増税が日本を「衰退途上国」に転落させた
第3章 「10%増税」のダメージは極めて深刻なものとなる
第4章 消費増税を「凍結」した後の経済政策プラン
──「税と社会保障」のあり方を改めて考える
第5章 デフレの今、「積極財政」こそが「税収」を増やす早道
終 章 今、何よりも必要なのは「物語転換」である

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売元:晶文社

発売日:2018年11月06日

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

新品価格
¥1,620から
(2019/9/10 22:24時点)

Pocket

まるわかり! キャッシュレス決済 (日経ムック)

Pocket

まるわかり! キャッシュレス決済 (日経ムック) ムック – 2019/3/5

日本経済新聞出版社 (編集)

商品の説明

内容紹介

キャッシュレス戦国時代を制するのはどこだ! ?
・PayPay、LINE Pay、Origami Pay etc.――大乱戦のQRコード決済の行方
・本命はコンタクトレス決済? カード会社の逆襲
・動き出したメガバンクの本気と注目地銀の動向
・モバイルPOS、AIレジ、ポイント還元 etc.――お店の売上を伸ばす最新サービス

キャッシュレス決済には、現金取り扱いコストの削減、顧客データの活用など大きなメリットがあります。日本はキャッシュレス化が諸外国に比べて大幅に遅れており、巨大なマーケットが眠っています。
そのビジネスチャンスを狙って「○○ペイ」が乱立、戦国時代の様相を呈しています。

本書では、混沌とするキャッシュレス決済の実態を解き明かすべく、注目のペイメント会社や銀行、フィンテックベンチャーなどを多数取材し、最新の情報を提供しています。
本書を読めば、キャッシュレス決済の全体像とその行方がきっとつかめるはずです。

【本書の目次】
巻頭企画
・キャッシュレス決済最前線
・Interview 産官学連携組織の取り組み
一般社団法人キャッシュレス推進協議会 鈴木麻友氏

PART1 大乱戦! QRコード決済、コンタクトレス決済の行方
大乱戦の先にある道筋 洗練された方法を模索しながらキャッシュレスが推進される
・Case1 PayPay
・Case2 LINE Pay
・Case3 Visa
・キャッシュレス決済の現場を直撃 お店選びの動機になる決済手段の選択肢を拡大
・生体認証の展望 口座開設までワンストップで独自の決済網が構築可能に

PART2 銀行はどう動くか
・個人向けサービスの行方 いよいよ本格稼働となるか 銀行発のスマホ決済
・Case1 りそな銀行「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」
・Case2 横浜銀行「はまPay」
・Case3 常陽銀行のキャッシュレス対応

PART3 カード会社の戦略
・日本のクレジットカードの可能性 非接触カードとモバイルでスピーディ決済のメリット活かす
・クレジット決済の仕組み 銀行のAPI活用により決済シェアに変化の可能性も
・SMBCグループのキャッシュレス決済戦略 利用者・事業者双方の目線で“使いやすい環境”を整備する
・安全安心なクレジット取引のために 不正利用被害を防ぐセキュリティ対策の3本柱

PART4 収益を伸ばすキャッシュレス戦略
・モバイル決済サービスの活用 多様化する電子化決済を現場で使いやすく進化させる
・電子マネーで使いやすさを追求 外部連携と地方への普及で利便性拡大を目指す
・個人間送金アプリの可能性 “お金コミュニケーション”を掲げお金の移動をいつでも気軽に
・ポイントカードをひと工夫 決済だけでは網羅できないウォレットレス化を目指す
・決済を通じた集客・資金調達の可能性 小規模事業者の課題に着目し決済プラスアルファの価値提供
・地域に根差した電子マネー 地域の活性化を目指す電子地域通貨の先進事例
・AIによる無人決済の最前線 「新しい買い物体験」を提供 機会損失の解消にもつながる
・支払い手段に縛られない柔軟な決済 財布・カードいらずの決済がキャッシュレス化を推進

PART5 キャッシュレス決済を支える技術
・セキュリティ対策最前線 統一規格や認証システムによる本人確認の徹底がポイント
・変貌する商取引の決済機能 EC決済事業のノウハウをキャッシュレス化推進に活かす

PART6 キャッシュレス決済の未来
マクロとミクロの取り組みが相まったキャッシュレス化の進展を
野村資本市場研究所 シニアフェロー 淵田康之氏

まるわかり! キャッシュレス決済 (日経ムック)

発売元:日本経済新聞出版社

発売日:2019年03月05日

まるわかり! キャッシュレス決済 (日経ムック)

新品価格
¥1,728から
(2019/9/4 02:13時点)

Pocket